こうしておくと安心

シーツやぬいぐるみの梱包

引越しの荷物をつくるとき

引越しの荷物をつくるときに、かさがあったりして、荷造りの箱を浪費するものに、シーツやカバーなどの布類などと、ぬいぐるみなどがあります。
これらは、大きかったり、厚みがあるので、荷造りの箱につめると、すぐにいっぱいになり、何箱も浪費することになります。
そこで、私は、これらを、緩衝材のように使って、荷造りをするようになりました。

 

ただ、本物の緩衝材とは違うので、割れ物をシーツにくるんで荷造りしても、中で割れていたことがあります。
だから、本物の緩衝材のように、割れ物をくるんだりはしないでください。
割れ物などは、個々にそれぞれ、緩衝材でくるんでください。

 

布類やぬいぐるみなどは、荷造りの箱の底辺に、なるべく隙間なく敷き詰めて使います。
その上に、荷物をいれていきます。
これをおすすめするわけは、引越しのとき、荷物の上げ下ろしが何度かあるので、どうしても、箱の底辺に衝撃を受けやすいからです。
箱を手で抱えて移動させて、積み下ろしをするので、気を付けていても、箱が底辺からドサッと落ちてしまうことがあります。
それで、意外なものが壊れたり欠けたりすることがあるので、箱の底に、衝撃を和らげる布やぬいぐるみを敷くのです。

 

箱の底に布などが敷いてあると、ものが安定して入れやすくなりますし、荷造りも、やりやすいのです。
また、少し上げ底になるので、引越し先で荷物を解いた後も、出しやすくなります。
これをしないで、箱の底のほうまで、こまごまといろいろな荷物を入れてしまうと、梱包するときも、荷物を取り出すときも、手間がかかります。

 

そして、箱の中に荷物を入れ終わると、上のほうの隙間にぬいぐるみを入れたり、また薄手の布類をかぶせます。
箱の上部も衝撃を受けやすいので、こうしておくと、安心です。
また、これによって、引越し先で荷物を解いた後の部屋が、緩衝材でいっぱいになることも減ると思います。
荷物から出た緩衝材が、もう不要であるのに意外に場所をとって、荷物の整理に邪魔になることがあるからです。

 

私は今までにも何度か引越しを経験しています。
ですから経験上このようなことを学びましたが、引越しが初めてだと基本的にわからない事ばかりだと思います。

 

実際私も初めての引越しの時は、地元の引越し福岡のネット情報をまず参考にしました。

 

知っていて良かったと思える情報を得ることができたので、皆さんにもお勧めです。

 


ホーム サイトマップ