ぜんそくの人には本当によく助かる薬です

ぜんそく発作の救世主【メプチン】

気管支拡張薬なので、気管を広げて呼吸を楽にしてくれます

東京都在住、ぷよっち様(34歳女性)からの口コミの体験レポートです。

3歳のころから小児ぜんそくを患い、大人になった今でも完治はしていません。
とはいえ、それほど重篤な症状はもうでることはないのですが、季節の変わり目や花粉などの影響でゼーゼーと呼吸が苦しくなることがあります。
その時に昔から飲んでいるのがメプチンです。

私にはよくあっていた薬だったようです

小さい頃は発作がひどいと病院でいつも吸入器を使っていましたが、病院に行くほどでもない時は病院から処方されたこの薬を飲んでいました。
その当時は発作が起きるとだいたい一か月くらいは寝たきりになっていたので、その間は毎日服用していたと思います。
ただ年齢とともに徐々に症状が軽くなってくると、定期的に飲むことはなくなりました。
特にいつからいつまで、というものではなく、発作が起きた時に飲んでいました。
この薬は気管支拡張薬なので、気管を広げて呼吸を楽にしてくれます。
ゼーゼーと苦しくて寝ることもできない夜には、これを飲んで楽に眠ることができました。
飲んでしばらくするとだんだんとゼーゼーという音が消えてきて、呼吸が楽になってくるのがよくわかりました。
私にはよくあっていた薬だったようです。

いざという時に役に立つサイト

  • 年のせいにして諦めていませんか?諦めてしまうのはまだ、早いです。コチラのサイトhttp://d3wi.xyz/をご活用になって、大事なパートナーとの充実したナイトライフを送ってみてはいかがでしょうか。
副作用について
しかし、小さい頃はまったく気にならなかったのですが、大きくなるにつれて気になる副作用が出るようになってきました。
そうそう頻繁に飲むことはなくなったのですが、たまに飲んだ時に手の震えやなんとなく手に力が入らないような脱力感におそわれるようになりました。
調べてみると、手の震えは一般的によくみられる副作用のようですが、力が入らない筋力低下は低カリウム血症によってひきおこされるもののようです。
それを知ってからは、副作用が多少こわかったこともあり、本当にひどい時以外はあまり飲まないようにしていました。
また、朝飲んでしまうとしばらく力が入らず仕事にならないので、飲むのは夜だけにするようにしました。
最近ではもうほとんど飲んでいませんが、ぜんそくの人には本当によく助かる薬だと思います。




ホーム サイトマップ